SCROLL
STORY
娘に安全な水を飲ませたい

ネパールのゴマ・ブジェルさんのストーリー

ネパール、シンドゥパルチョーク郡、インドラワティ村に住むゴマ ブジェルさんは、毎⽇飲み⽔を得るために、家から3キロも離れた⽔場まで歩く⽣活を送っています。

⽔場に到着しても、その周りには飲み⽔を求めてたくさんの⼈が集まっており、⽔を得るためには⾏列に並ばなければならず、⼀⽇2-3回⾏き来するだけで4-5時間取られてしまいます。

この地域に住む⼈たちはみんな、このから⽔を汲み、飲み⽔や家事のために使っており、時には⽔の取り過ぎや⽔場を占領するなどといったことが原因で喧嘩が⽣じるなどの問題も起きています。

インドワラティ村では、ほとんどの村⼈が農業を⾏っています。しかし、家畜や農作業に使うのための⽔もまた、家から遠く離れたところまで取りに⾏かなければなりません。

混む時間帯を避けるためにゴマさんは、朝4時から懐中電灯を持って井戸へ向かいます。

ゴマさんは、農業をするための⼟地を持っているにもかかわらず、⽔が不⾜しているために全ての⼟地を活⽤することができていません。このような状況がこの村ではたくさん⾒られます。

⽣活に⽋かせない⽔を⼿に⼊れるのにこんなに苦労するにも関わらず、⽔場には時にネズミやカエル、⾍たちが⾒られ、安全だとは⾔えません。特にモンスーンの季節になると⽔が濁り、不衛⽣な⽔により、たくさんの⼦どもたちやお年寄りが⾚痢などの病気にかかります。

幼い娘がいる彼⼥は、この⽔により娘が病気になることを恐れています。娘のために⼀度⽔を沸騰するようにしていますが、同時に家事もしなればならないため常に沸かした⽔を与えることはできません。

安全でない、病気になるかもしれない、そんな恐怖がありながらも、⽣きるためにはこの飲み⽔を飲み続けるしかないのです。

モンスーンの季節に⼈々が病気になりやすい理由は、⽔質だけではありません。

⽔を汲みに⾏くときに、傘を同時に持つことはできないため、村⼈たちは濡れながら⽔を汲みに⾏くしかありません。⼀⽇に何度も⾬の中濡れながら⽔を汲みに⾏くのです。

ゴマさんは、⾬の降る中娘を連れて⽔を汲みにいくことはできないため、⼦供を家の中に残し、⼀⼈で⽔を汲みにいかなければなりません。幼い娘を家に閉じ込めなければないことがどんなに⾟いことかとゴマさんは話します。

⼀⽇でも早く、安全な飲み⽔が各家庭に届くこと切実に願う彼⼥は、この状況が改善されるならば、どんなことでも協⼒したいと彼⼥は話します。

私たちJAFSは現在、このインドワラティ村にて揚⽔システムを建設し、村に住む⼈々へ安全な⽔を届ける活動を⾏っています。

  • 寄付する画像

    DONATION

    安全な水を届ける
    活動を支援してください

  • JAFSの水支援について画像

    Water support

    JAFSはアジア各国の現地団体と連携して、
    ”水”の支援を展開しています。

ページトップアイコン