第3回 熊野塾「熊野神倉・お鐙祭りツアー」

イベント を読み込み中

JAFS熊野塾は、昨年春より「豊かな熊野の自然と精神文化に育まれて命のリフレシュメント(再生)を求めて」をテーマに大人の土水として開催してきました。今回「第3回 JAFS熊野塾」として、お燈まつりに参加してみませんか。

お燈まつりとは:熊野の神々が、君臨した巨岩のご神体「ごとびき岩」のある神倉神社。源頼朝が寄進したという538段の急な石段を上がると、ご神体「ごとびき岩」が太平洋を見据えています。「お燈まつり」は、毎年2月6日夜に行われる神倉神社の例祭で、その歴史は古く、全国の火祭の中でも最も古い勇壮な祭です。夕刻に白装束の上がり子(あがりことも言う)たちが松明を手に熊野速玉大社から阿須賀神社へ詣で神倉山に集結します。午後7時に祝詞奉上、迎火松明に点火され、上がり子たちの松明に順々に火が移されます。玉垣内で待機した上がり子たちの千数百本の松明が天を焦がすばかりとなったとき、門が開かれ538段の石段を我先にと駆け降ります。金山が火の海と化した神倉山から、劉が下り降りるような壮観な眺めは、新宮節には「お燈まつりは男のまつり山は火の滝、下り竜」と唄われています。

日時:2018年2月6日(火)~7日(水)午後2時
集合場所:新宮市 ステーションホテル新宮
      住所:和歌山県新宮市徐福2-1-31 電話:0735-21-2200
宿泊費:シングル お一人様 12、000円
    ツイン(2名様1室)お一人様 10、000円
申込み締切り:1月23日(火)
※参加希望の方は詳細をお問い合せ下さい

◆お申込み・お問い合わせ
株式会社 トラベルファイブジャパン
〒541-0059 大阪市中央区博労町3-6-7 御堂筋三都ビル4階
TEL:06-6253-0212   FAX: 06-6253-0679
Mail: uchigakiuchi@travel-5.jp  担当:内垣内(うちがきうち)

◆協力
公益社団法人アジア協会アジア友の会
〒550-0002大阪市西区江戸堀1-2-14 肥後橋官報ビル5階
TEL:06-6444-0587 FAX:06-6444-0581
Mail: asia@jafs.or.jp  会員部:有山 京子
当日連絡先:福岡(090-3489-6552)

 

期間 2月6日 @ 08:00 ~
2月7日 @ 14:00
ページトップへ