『石泉ふれあい味噌工房』オープン

加工施設『石泉ふれあい味噌工房』設置・設営(2012.4.5)オープン

misokobou
「もう一度、味噌作りを復活させたい!」町の女性たちの思いを代表したのは南三陸町石泉のお母さん6名でした。本会も支援を決め、何度も集まっては検討会を重ねてきました。そして、ついに念願の「石泉ふれあい味噌工房」が2012年4月5日に無事に完成しました。そして、念願の味噌の仕込みが稼働しはじめました。町内に広く利用を呼びかけるやいなや、申込みが殺到!休む間なく活動し、仕込み量は、3ヶ月で12トンを超えました。
この工房で味噌をつくり終え、各家に持ち帰るとき、「これでようやく安心して一年が過ごせる」と皆さん笑顔で話して帰っていきます。不安なことばかりの被災地での暮らしの中で、「安心できる」ものをお母さんが家庭に持ち帰ることができたのです。
「津波なんかに負けてらんね!」と声を挙げ、工房の女性たちの明るい笑顔が復興の旗印となり、食文化を再びつなぎ、まちに笑顔をもたらしています。
南三陸町石泉のかあちゃんたちが丹精込めてつくる無添加・吟醸の熟成麹味噌です。宮城シロメ大豆を使用した、こくがあり、まろやかな味わいが特徴です。震災前にも評判であった味噌です。数量限定で販売をはじめました。

ページトップへ