サイクル・エイド

放置自転車を再生し、各国の子ども達に贈ろう」を合言葉に府内市町村が回収した放置自転車を修理・再生し、これを南アフリカ共和国・フィリピン・スリランカなど必要としている地域に贈る事業のことです。 平成9年4月に委員会が発足し、スタートしました。

例えば南アフリカ共和国では、小学校の数が少なく、10から15キロの道のりを3,4時間も歩いて通学する児童が たくさんいます。

自転車で通うにも、価格は国民の平均年間所得の半分にもなります。このため、自転車は子ども達にとって大変貴重なプレゼントなのです。

また、フィリピンでは自警団に寄贈され、子どもたちの安全を守るため活躍しています。 一方、現在、大阪府内の年間放置自転車数は約50万台、このうち約半分は引き取り手が無く、各市町村で処分され、今や大きな環境問題にもなっています。 サイクル・エイド事業は、各国の教育環境の向上に加え、環境保全・資源循環型社会の構築に寄与するだけでなくリサイクルを通じた草の根レベルの相互理解、国際交流の絆を深める事業でもあります。

この度、サイクル・エイド事業のクラウドファンディング[不特定多数の人がインターネット等で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語]に挑戦することになりました。

下記のアドレスをクリックしたら事業の紹介ページにうつり、内容に合わせ、寄付協力いただけるようになっています。
ぜひお知り合いの方に下記のアドレスをお知らせ頂き、一人でも多くの方にご紹介頂きますようお願い申し上げます。
 https://faavo.jp/osaka/project/1528

平成27年度競輪補助事業完了のお知らせ

この度、平成27年度の競輪補助を受けて以下の事業を完了いたしました。本事業の実施により、フィリピンに353台、カンボジアに350台、合計703台の再生自転車を贈ることができました。
遠方から学校に通う学生や村の助産婦、コミュニティワーカー、貧しい農民や農業組合のスタッフの足として有効活用されています。 通学や仕事の効率化が可能になり、地域福祉環境の底上げにつながっています

補助事業の概要(PDF)

平成27年度サイクル・エイド事業報告書(PDF)

過去の補助事業概要

各国の寄贈状況

府内協力自治体

引き取り手の無い放置自転車を修理・整備の上、提供していただいています。

大阪市、堺市、豊中市、吹田市、泉大津市、貝塚市、八尾市、泉佐野市、寝屋川市、 松原市、和泉市、 箕面市、柏原市、高石市、藤井寺市、泉南市、阪南市、豊能町、熊取町、四條畷市    KEIRIN.JP

*このサイクル・エイド事業は「競輪公益資金」の補助を受けて実施しています。

ページトップへ