インドからナマスカール!②制服

②制 服

インドでは、どこの学校にも制服があり、02_01 コスモニケタン日印友好学園にも素敵な制服が二種類あります。 ひとつは月・火・水、週のうち三日間着る白を基調としたもの。 もうひとつは、金・土の二日間着る赤を基調としたものです。 そしてあと一日の木曜日は、生徒全員私服で登校し、色彩豊かなインドの服で、学校はとても明るい雰囲気に包まれます。   特に女の子の着る服は華やかで、日本の感覚で言えばまさにドレスといった感じです。 02_02   子どもたちの着る服は、日本のもののようにきちんと整っているわけではありません。 汚れがシミになっていたり破れていたり、またボタンが取れてそのままになっているものもよく見かけます。   服だけではなくリュックサックなどもそうなのですが、 インド製のジッパー(ファスナー)は品質が悪く、すぐに壊れ、 壊れたジッパーの上から安全ピンで留めていることもよくあります。 壊れたものは壊れたなりに使う、それがインド流です。   コスモニケタンの子どもたちを見ていると、02_04 日本の豊かさと日本製工業製品の品質の高さを感じます。   『ボロは着てても心の錦』 けっして豊かではない暮らしをしている子どもたちですが、 彼らの輝くような笑顔には一点の曇りもありません。  

インドからナマスカール!その他の記事

①プライマリースクール&ハイスクール ②制 服           ③通 学         ④言語と宗教 ⑤ベジタリアン      ⑥スクールバス    ⑦裸 足 ⑧お弁当       ⑨停 電      ⑩山羊と羊

子ども達への教育支援寄付はこちら

⇒ アジア里親の会

ページトップへ